2010年7月28日水曜日

夏休みの工作:1


   小学校の夏休みの工作に、今年は革で船を作るという相談を息子としていたのですが、夏休みになって早々に作るというので、まずは発泡スチロールで型を作るところから。発泡スチロール用のナイフを3種類ほど見せたところ、小学生にも使いやすそうなナイフがあって、それでザクザクと切っています。

   発泡スチロールは、静電気でゴミが散らかりやすい素材なので、後片付けがしやすいように、新聞紙を敷いて作業をしています。


   ナイフで切って、ヤスリで削って、できた型はこのような感じでした。この型を基にして型紙を起こして作っていきます。