2010年9月26日日曜日

カリタ KH-3 のフタ:1


   工作用の樹脂板を切った物です。Kalita コーヒーミル KH-3 のフタに使います。豆を入れてから、スライドさせてセットします。個人的には、豆の多少の飛び出しは気にならないのですが、とりあえず作ってみました。


   セットすると、このようになります。奥の小さな凹みに、粉の挽き具合を調整するネジのストッパーがちょうど良く収まります。ハンドルを回すと、フタも一緒に回ります。使い心地は、それなりといった感じです。

   スリットや穴の大きさを調整すると、ハンドルと一緒に回らないようにすることもできると思います。豆を入れるカップの部分は、鉄製で磁石が効くので、磁石を利用したフタの固定法も考えられるかもしれません。