2010年10月15日金曜日

フノリ:こんな違いも


   どちらもフノリが入った容器です。溶いてからしばらく(2ヶ月くらい)棚に放置してあります。左の容器のフノリは二層に分かれ、糊分が沈殿しているように見えます。右の容器は、ほとんど沈殿は見られません。左の容器も、振ると右の容器と同じような見た目に混ざります。

   左はフクロフノリ、右はマフノリです。

   食用の状態から板フノリにする、私の作り方に問題があったのか。

   溶き方に問題があるのか。

   それぞれのフノリの性質の違いなのか。

   理由はいくつか考えられますが、詳しいことはわかりません。ただ、今回だけのことでは無いので、フノリの種類の違いが影響しているものと思ってはいます。(下記に追記あり)

   ずいぶん違った様子を見せていますが、革の磨きに使ってみると、見た目ほど大きな違いは感じられません。本当は使用感も違っているのに、それがわからないくらいに、私が鈍感なのかもしれませんが・・・。

////////////////////////////////////////////////////

追記

フクロフノリとマフノリの違いよりも
溶き方と濃度の影響が強いように思われます。