2011年7月23日土曜日

スイヴェルナイフのベアリング修理


   どんよりとした写真ですが、どこか物悲しげに見える壊れたスイヴェルナイフです。クラフト社のベアリング入り製品の、ベアリングが付いていた部分です。

   ずいぶん前に、この製品が発売された頃に購入した物ですが、数本のうちの一本が購入当初からベアリングの調子が悪く、どうなっているんだろうかと思いながら触っているうちに、壊してしまいました。壊れたついでにあれこれやってみて、写真のように完全に使い物にならなくなってしまいました。

   基本的には使いやすい道具ですので、こんなに壊してしまうようなことをせずに、さっさと交換依頼をしておけば良かったのですが、いつも要らぬ手をかけてしまいます。

   スイヴェルナイフとしては使うことができませんから、しばらくはブレードを加工をする時などのホルダーとして使っていたのですが、最近ふとベアリングを取り付ければ良いのだと気がつき、いつものデタラメな加工をしてみました。


   さて、ベアリングを取り付けた画像ですが、奥が市販の状態の標準品で、手前が今回私がベアリングを取り付けたものです。穴を開けたり、棒を立てたり、ベアリングをはめ込んだりという作業で、精度は度外視の行き当たりばったりの手作業となりましたが、それほど時間も掛からず簡単にできました。

   中心がズレているのですが、実際に使ってみたところ違和感は無く、市販品と遜色ないように感じられました。自分用としては、許せる範囲です。

   ふと思いついて行った修理でしたが、回転も軽く、まずは成功です。