2011年11月19日土曜日

机の下駄


   角材を重ねて、こんな台を作りました。4寸角の柱材を使ったので、2段重ねで高さ24センチほどになっています。良い方法がなかなか思いつかず悩んだ末に、このような物を用意したのですが、何になるかというと次の写真です。


   作業台にしている机の足にしました。下駄を履かせたようなものです。24センチプラスで、100センチくらいの高さになりました。以前、簡易式の立ち作業台のことを書きましたが、やはり立ち作業のほうが作業がしやすかったので、作業台自体を高くしてしまいました。

   これに合わせて、作業部屋を大改造しまして、ようやく作業がしやすい部屋になりました。仕事部屋を移してからのこの2年ほど、あまりの能率の悪さに悩んでいたのですが、今回の大改造で作業スペースが大幅に変わり能率も上がりそうですし、気持ちも新に革に取り組むことができそうです。