2012年3月10日土曜日

金具打ち台の皿


   各種の金具を打つときに使う打ち台の画像です。二つ並べていますがその違いがわかるでしょうか。色の違い? ええ、たしかに色も違うのですが、もっと他のところです。この画像を撮影した私が見てもわからないので、わからなくて当然なのですが、実は皿の深さ・形状が違っています。大雑把に言うと、左側の打ち台のほうが皿が浅くできています。右側は私が以前から持っていた打ち台で、左側が最近入荷した打ち台です。


   ジャンパードットボタン(大)の頭の金具を打ってみました。最初の画像の右側の打ち台を使って取り付けた金具の画像がこちらです。普通に撮影してもわかりにくかったので、できるだけわかりやすいように、光を反射させて撮影してみましたが、金具の頭が変形しているのがわかるでしょうか。従来、こうなってしまう打ち台が多かったのです。


   こちらは、最初の画像の左側の打ち台を使って取り付けた時の画像です。入荷した製品の皿が浅くできていたので、試しに使ってみたのですが、不自然な変形は出ていませんね。この様に、ジャンパードットボタン(大)の頭の金具の変形しない角型の多機能打ち台と出会ったのは、私にとっては今回が初めてのような気がします。私の勘違いでなければ、ジャンパードットボタン(大)の頭の金具変形は、長年の欠点だったように思います。

   今回試した皿の仕上がりの浅い打ち台は、皿の表面の仕上げが今ひとつで、金具の頭に点々と傷が付きました。そこで、ルーターにシリコンポイントを付けて皿を研磨したところ、点々の傷も付かなくなりました。本当は、もっと精度を上げるように改善を要望すべきなのでしょうが、その手の話はなかなか通じませんので、自分で解決できることは自分でやってしまった方が早いと思っております。もしも、作る人や卸す人がこの記事を見ることがあったら、より良い製品を作ってくださいね、ということで・・・。

   同様の製品を各社で販売しておりますが、今回ジャンパードットボタン(大)の頭の金具をきれいに打つことができてのは、誠和から仕入れたものでした。各社の製造元については、私は確認していません。

   それから、今回仕入れた打ち台の皿の状態が、この先もずっとこのままなのかはわかりません。打ち台も打ち棒も、今まで何度も仕上がりが変わってきているので、今後の製品の安定度は不明です。今後入荷する実物で確認していくしかないですね。

   打ち台の皿という細かい所の話でした。