2012年3月21日水曜日

大きな面取り(へりおとし)


   左端が市販の面取りで、中央と右端は自作したものです。かなり大きな面取りです。中央は、菱目打か何かをつぶして作ったものです。右端は何で作ったか忘れていたのですが、柄からはずして見たところ、スイヴェルナイフの刃を加工したものでした。道具作りはその時々適当なので、何を材料にしてどうやって作ったのかなど、忘れてしまうことが多いのです。もしも、2回目作るとしたら、その時はまた考え直すような感じなのですが、それでも初回よりは早く考えがまとまります。

   中央の面取りには10、右端の面取りには15という番号をつけているのですが、その番号は単に目印みたいなもので、これといった意味のある数字ではありません。ただ大きいよ、という印ですね。


   実際に面取りしてみた画像です。右から、面取り無し・面取り1号・面取り10・面取り15となっています。実際の製作で、このような大きな面取りをすることは、あまりありません。


   断面が正方形に近い革紐の面取りをしてみました。断面がかなり丸くなっていますね。この状態ですと、布を当てて磨くだけでも、かなり丸い形状の紐になります。この延長で、遊び的な技法をちょっと思いついているので、そのうちやってみようと思っています。

   それから、細~い面取りの簡単な作り方も一つ思いついているので、そちらもいつか作ってみるつもりです。できれば、引いて使う面取りも欲しいと思っているのですが、こちらはまだ構造も思いついていません。自分で作ることができて、使いやすそうな形を思いつくことができれば良いのだけれど・・・。