2012年5月6日日曜日

辻永式新型面取り:2

   辻永式と書くはずだったのに、前回の記事でTUZIE式と書いてしまっておりましたので、修正致しました。他のブログの記事でもTUZIE式と書いてある道具がいくつかあったので、統一し修正することにいたしました。


   前回紹介した面取りに引き続き、こちらも辻永式面取りの一つということにしました。今まで作った面取りの中では、最も簡単に作ることができるものです。左側は、細幅の面取りです。右側は、やや幅広の面取りです。この画像は刃の裏面で、革に押し当てられる側になります。


   そして、こちらが刃の表面です。ご覧の通り、基本的には真っ平らです。通常の面取りにはある、表側の溝がありません。また、表側からは、刃先には角度を付けていません。表側は、刃物の裏押しと同じで、平らに研いでいるだけです。ベタ裏状態ですね。

   面取りの作りにもいくつか構造があるので、必ずというわけではありませんが、表の溝には面取りの幅を決める役目もあります。その表の溝が無いと言うことは、幅は裏側からの研ぎで決めるということになります。今回の試作では、細幅の面取りは、三角ヤスリで基本の加工を行いました。やや幅広の面取りは、丸棒ヤスリで基本の加工を行いました。三角か丸かで、幅を変えているというわけです。繊細とは言えないダイヤモンドヤスリを使って加工しましたので、三角ヤスリでの加工は小さな丸面になっていると思ってください。


   側面から見ると、このように真っ直ぐになっています。通常の面取りですと、どこかで曲げ加工が行われていることが多いと思いますが、今回の面取りは曲げ加工をまったく行っていません。裏からの研ぎで、先端に多少丸みを付ける程度です。

   この面取りに先立ち、前回紹介した数本の面取りを作りましたが、刃をいくつか作りながら、面取りに必要な刃の最低限の構造は何だろうかと考えました。その中で、今回の表側が平らな形状の刃で良いのではないかと、思い至りました。表は平らでも、裏の溝に丸みがあるので、面は丸く切れる構造です。

   実際に使ってみると、このような刃の形状でほとんど問題は無いように思われました。表側が平らで、全体の形状も曲げ加工の無い真っ直ぐなものなので、切れ味の良い刃を作りやすく研ぎやすい構造と言えます。

   真っ直ぐな見た目なので、曲線には対応しにくいと思われるかもしれませんが、裏からの刃の付け方で曲線にも対応しやすい刃にすることは可能です。


   さて、この画像を見て、予想通りと思った人もいらっしゃるかもしれません。今回の面取りは、ドライバーを削りました。右の面取りもドライバーから作りましたが、柄は変えました。今回は熱処理は行っていないので、単に先端を削っただけです。ちなみに、ドライバーなのでマグネットになっていますから、削っていると先端に削った鉄粉のヒゲが生えてきます。

   切れ味も良く、作りやすい構造です。普段の手入れも簡単です。連続して作った数本の中では、最も実用的に仕上がったと言っていいかもしれません。また、前回紹介した、押し引き兼用あるいは引き切りタイプの面取りでも、この構造の刃を使うことができそうな気がします。

   辻永式新型面取りの紹介は以上です。


/////////////////////////////////////////

【追記】
   新型面取りと書きましたが、今回の表が平らな刃は、構造としてはより単純なものなので、もしかしたら先祖帰りしたのかもしれません。革の道具の歴史には詳しくないので、過去の道具についてはわからないのですが、現在主流の形状になる前に、表が平らな形状も存在したかもしれませんね。あるいは、私が知らないだけで、現在もあるのかもしれません。

   私にとっては新型ということにさせてください。