2012年5月30日水曜日

プレス機


   オーストラリア製のハンドプレスクリッカーです。カメラ用の革製品を作っている業者さんが、日本の総代理店になっているようですが、レザークラフト業界では協進エルから販売されています。

   ちょうど、この道具向きの仕事があった時に、用意してみました。最初に届いた製品の動きにおかしな所がありまして、動作不良を認めてもらうのに時間がかかりましたが、交換していただきました。2台目に届いたのは、土台としてついてきた木の台が破損して届き、これまた不安なものでしたが、こちらは問題なく使うことができました。

   画像のように、移動可能な台に載せてあり、使うときだけ引っ張り出せるようにしてあります。狭い仕事部屋なので、こういう細工が大切なのです。

   この製品に付属する説明書が、実はめちゃくちゃな翻訳だったので、直してもらえるように伝えたのですが、その後どうなったのかはわかりません。少なくとも、修正版は届いておりませんので、もしかしたらそのままということもあるかもしれませんね。

   レザークラフト業界用としては、型抜き以外にも、成形や版押しにも使うことができるという説明で販売されているので、下の台と上の昇降盤は平行にできているものと思い込んでいたのですが、実際には平行にはできていません。奥と手前では、1.5ミリほど高さが違っています。例えば手前を合わせたとすると、奥では1.5ミリの隙間が空くという感じで、手前と奥で高さが違います。

   電動クリッカーも含めて、複数の人に確認をお願いしましたが、クリッカーはどれも同じように平行にはできていませんでした。クリッカーとしては、刃を平行に食いこませると、おそらく切れないのでしょうね。でも、大きな版を押す時などには、版押しの深さの違いが生じます。その修正のために、私は複数のステンレス定規を使っています。0.5ミリと1.0ミリの厚さの定規の組み合わせで、抜き台の下3箇所に定規を入れて、下の台と上の昇降盤を平行にするようにしています。

   安いものではありませんが、それなりの大きさとパワーがあるので、用途が広く便利に使うことができる道具です。